遣わされていく

金曜日の神学校の牧会学授業メッセージ は、
ヨハネの福音書 3章16節 「救い」について。
十字架の愛を深く覚えることができ、福音を伝える喜びと使命を思わされました。

これから海外へ、また国内も、イエス様の十字架、救い。生ける神様の証を伝えに、それぞれ、導かれた時に遣わされていくことも思いました。

そして、
11月1日教会からイスラエルチームが出てゆきます。
今回、祈りのミッションからは、テモテ小林さん代表ご夫妻と、エステルあゆみ姉が参加されます。
ガリラヤ祈祷院のみこころをも、神様が進めてくださると信じつつ、教会の皆様と共に、心合わせてとりなしお祈りいたします。

私もチーム期間中集中してお祈りできるスケジュールにいたしました。
ブログチェックをしつつ皆様と共にポイント、みこころを祈れるように神様に求めます。

祈りのミッションのチームとりなしの断食連鎖祈祷ももたれています。

共に遣わされている事を覚えつつ。
主に期待いたします!!

エステルY

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中